2015年01月01日

明けましておめでとうございます。

旧年中は何かとお世話になりましてありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                    羊年 お正月



posted by saigallery at 19:26| 展覧会

2014年10月25日

展覧会

冬木遼太郎 展 ー5 holes ー


2014年10月7日(火)ー25日(土)
正午ー午後7時
月曜・日曜・祝日休廊/土曜日5時まで

☞ ペインティング・立体




Fuyuki L1.jpg

Futuki-Ljpg.jpg

FuyukiL-2.jpg

Fuyuki9-12.jpg

Fuyuki-1-1p.jpg

Fuyuki2.jpg


→ プロフィール

1984/8   大阪生まれ
2008/3   京都造形芸術大学卒業
2010/3   京都市立芸術大学大学院 彫刻専攻修了


個展
2013/11-12 “PRESIDENT”, ARTZONE, 京都
2011/12   “SAYING”, ハイネストビル, 京都
2010/9   “Welcome”, SAI gallery,大阪
2007/10   “Invasion, Lay, Late result”, CAP HOUSE, 神戸
2005/8   “Risky exercise 2”, SAI gallery,大阪
2005/7   “Risky exercise 1”, 六甲オルゴールミュージアム, 神戸

グループ展
2014/7-8  “KUAD graduates under 30 selected”, 京都造形芸術大学 ギャラリー・オーブ
2014/5–6  “Making Sense Out of Nonsense”, 京都芸術センター, 京都
2012/4   “ANTEROOM PROIJECT”, ホテル アンテルーム, 京都
2009/12   “Group show”, SAI gallery, 大阪
2009/9   “NOTE”, むろまちアートコート, 京都
2008/10   “NOTE”, むろまちアートコート, 京都
2006/10   “TRANSIT 2007”, D Gallery, 名古屋

受賞歴
2010/2   大学院市長賞, 京都市立芸大制作展

プランニング
2007/4~ “Lesson in progress”


posted by saigallery at 15:08| 展覧会

GALLERY ARTISTS NEWS

◎ 高柳 恵里

「 高柳恵里 」

 2014年10月23日(木)ー11月8日(土)
 午前11時30分ー午後6時30分
 火曜・水曜日休廊 / 最終日午後5時
   
 Switch point
 〒185-0012東京都国分寺市本町4-12-4
 TEL : 042-321-8956

 → http://www.Switch-point.com



◎ 藤本由紀夫

☞ 「 藤本由紀夫 展 ーretardー 」

  2014年10月4日(土) – 11月1日(土)
  正午 – 午後7時
  月曜・日曜・祝日休廊


  シュウゴアーツ
  135-0024 東京都江東区清澄 1-3-2, 5 階
  TEL : 03-5621-6434

  → http://twitter.com/ShugoArts/



◎ 芳木麻理絵

 「おいしいアート展」  グループ展

  2014年9月13日(土) – 11月3日(月・祝)
  午前10時 – 午後6時
  
   入館料 : 一般 900円
       高校・大学・ 65才以上 700円
       中学以下 無料 
 
     
  横須賀美術館
  239-0813神奈川県横須賀市鴨居4-1
  TEL : 046-845-1211

  → http://www.yokosuka-moa.jp




  
posted by saigallery at 15:03| 展覧会

2014年09月29日

次回 展覧会のご案内

冬木遼太郎 展 ー5 holes ー

2014年10月7日(火)ー25日(土)
正午ー午後7時
月曜・日曜・祝日休廊/土曜日5時まで
◎ 初日午後6時よりオープニングパーティ

☞ ペインティング・立体


IMG_0027.JPG
「5 holes (abstract) 」 2014 合板に塗料、アクリル 50×50cm




posted by saigallery at 16:19| 展覧会

2014年07月25日

GALLERY ARTISTS NEWS


◎ 高柳 恵里

☞ 「 栗本百合子   高柳恵里 」

 2014年7月26日(土)ー9月27日(土)
 水・木 正午ー午後5時
 金・土 正午ー午後7時
 日・月・火  休廊  

→ オープニングトーク 7月26日(土) 午後6時〜
  司会 : 田中由紀子 終了後 オープニグパーティ

 See Saw gallery+cafe
 〒467-0041 名古屋市瑞穂区密柑山町2-29
 phone 052-833-5831
 
 → http://www.cafe-see-saw.com



◎ 冬木遼太郎

☞ KUAD graduates under 30 selected

  2014年7月30日(水) ー 8月7日(木)
  午前11時ー午後6時
  ギャルリ・オーブ
 〒606-8271京都市左京区北白川瓜生山2-116
  京都造形芸術大学 人間館1F
  Tel:075-791-912

→ 出品作家:朝日奈保子、池田武史、池邉祥子服飾研究室、井上康子、石黒健一、      大島真悟、 香川裕樹、川上幸子、倉田翠企画、金光男、葛井洋彰、      小牟田悠介、坂井良太、齋藤有希子、桜井類、佐薙真由、           塩見友梨奈、柴山水咲、嶋春香、神馬啓佑、菅田ミサ、鬣恒太郎、       中小路萌美、西垣肇也樹、冬木遼太郎、古田千咲、細川華子、         前谷開、宮田彩加、守屋友樹、吉田沙織


◆関連イベント
  7月30日(水)13:10-14:30 オープニング・トーク 小牟田悠介
    ※この回のみ、会場は未来館F201 大学院 Pr PROJECTS room
  8月1日(金)18:00-19:30 スペシャル・トーク 
       中谷至宏[PARASOPHIA京都国際現代芸術祭2015キュレイター]
  8月2日(土)
  14:30-15:30 出品作家によるギャラリー・トーク
         池邊祥子服飾研究室、井上康子、石黒健一、香川裕樹、
         齋藤有希子、西垣肇也樹
  16:00-17:30 アーティストトーク「5W1H アーティストとして生きていく」
         池田武史、金 光男、冬木遼太郎、宮田彩加、
         吉田沙織 + 藤本由紀夫、大庭大介
  18:00-    授賞式+レセプション


  → http://aube.kyoto-art.ac.jp/
posted by saigallery at 17:08| 展覧会

2014年07月05日

ART 0SAKA 2014 に参加致します。

banner_446x260px.jpg

→ http://www.artosaka.jp/

サイギャラリーの展示は、6309 及び 6321 号室です。
ぜひご来場賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

┃作家名┃ ☞ 6210号室
        浅野孝之、石川亮、大洲大作、大森裕美子、垣内玲
        倉智久美子、菅木志雄、高柳恵里、林延子、藤本由紀夫、
        冬木遼太郎、森本絵利

      ☞ 6133号室
        芳木麻里絵

┃日 時┃ 2014年7月11日(金) 〜 13日(日)    
      プレビュー (プレス・招待客のみ)  
           / 11日(金) 午後 2 時 〜 午後8時 
      一般公開 / 12日(土) 午前11時 〜 午後6時
            ☞ ナイトビューイング 午後7時 〜 9時
             13日(日) 午前11時 〜 午後7時
       
┃会 場┃ ホテルグランヴィア大阪 
      大阪市北区梅田3-1-1 8 26階
       TEL. 06-6344-1235
 
┃入場料┃ 1,500 円 / 1 Day pass
     
posted by saigallery at 17:52| 展覧会

2014年06月26日

GALLERY ARTISTS NEWS

倉智久美子  グループ展

「JAPAN ART TODAY」
 2014年6月21日ー8月17日
 KUNSTHAUS INTERLAKEN/スイス

 → 参加作家 : イケムラレイコ・倉智久美子・塩田千春・丹波奈津子
         中尾正樹・増山裕之

  Flyer JAPAN Definitiv.pdf
posted by saigallery at 16:52| 展覧会

2014年05月26日

展覧会

石川 亮 展 
全体ー水「 送ル・取ル 」

2014年5月27日(火)ー6月14日(土)
正午ー午後7時
月曜・日曜日休廊/土曜日5時まで
☞ 初日午後6時よりオープニングパーティ

→ 立体・平面


_MG_0472.jpg

_MG_0478.jpg

_MG_0503.jpg


_MG_0507.jpg

_MG_0525.jpg

_MG_0564.jpg

_MG_0497.jpg

_MG_0481.jpg

石川ーP.jpg



posted by saigallery at 08:44| 展覧会

2014年04月11日

GALLERY ARTISTS NEWS


垣内玲  グループ展
 「Timeless Gentle Flights」

 2014年4月12日・13日
 W139 Amsterdam

 → 映像

 http://w139.nl/en/



高柳 恵里  グループ展
「Color Walls」
 2014年2月9日(日)ー4月13日(日)
 午前11時ー午後9時 無休

 TIME & STYLE MIDTOWN
 〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガレリア3F
 phone 03-5413-3501

 → 参加作家:小林耕平 佐藤克久 高柳恵里 南条嘉毅 前田哲明 宮嶋葉
 → 出品作品 : リトグラフ

 http://www.tandsgallery.com/jp/shop/next.html



「line」 グループ展
 2014年4月5日(土)ー5月2日(金)
 午前11時ー午後7時
 日曜・月曜・祝日 休廊

 HAGIWARA PROJECTS 
 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-18-2-101
 phone 03-6300-5881

 → 出品作品 : ドローイング・立体

 http://www.hagiwaraprojects.com/



芳木麻里絵 グループ展
 "木村秀樹のいない木村秀樹展:Layering"
 4月19日(土) ー 23日(水)
 午後1時ー午後7時  無休

 ギャラリーノマル
 〒536-0022大阪市城東区永田3-5-22 Tel.06-6964-2323
 → 出品作家:伊庭靖子 / 上原徹 / 大島成己 / 大大阪市城東区永田3-5-22 西伸明 /
         児玉太一 / 田中朝子 / 田中栄子 / 三宅砂織 / 芳木麻里絵

 → ギャラリートーク(木村秀樹 x 三脇康生) : 4月19日(土) 17:00 - 
 → オープニングパーティー : 4月19日(土) 18:30 - 

 http://www.nomart.co.jp/gallery/exhibition/2014_layering.php



光のシークエンス : 大洲大作
2014年4月22日(火)ー5月4日(日)
午前11時ー午後7時
月曜日休廊 / 金曜日午後8時 / 最終日午後6時まで

Gallery PARC
京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48三条ありもとビル2F
Tel : 075-231-0706

→ 写真

http://www.galleryparc.com/
posted by saigallery at 12:51| 展覧会

2014年04月07日

 展覧会のご案内

《 約束の絵画 》・ 柏原えつとむ展

  2014年4月8日(火)ー26日(土)
  正午ー午後7時
  月曜・日曜日休廊/土曜日5時まで
  ☞ 初日午後5時よりオープニングパーティ

T-ズームアップ.jpg

_MG_8328.jpg

_MG_8298.jpg

_MG_8295.jpg

_MG_8366.jpg

_MG_8370.jpg

_MG_8294.jpg

_MG_8291.jpg

_MG_8316.jpg

_MG_8311.jpg


◎ 作家コメント

 「約束の絵画」について。
ずいぶん前のことだがふと「約束の絵画」という言葉が浮かんだとき、
これだと嬉しくなった。
しかしながらここでの「約束」と「絵画」の関係はじつに曖昧すぎる。
私が誰かと「約束した絵画」なのか、あるいは「約束を表そうとした
絵画」なのか、こういう曖昧さを含めて「これだ!」だったのだ。
私が喜んだのは「約束」・「絵画」それぞれ言葉が呼び興す世界が、
「の」で結ばれてはいるものの、どこまで詰めても明解な意味に届か
ない姿であった。
はっきりしていることは「約束」には必ず相手が必要だということ、
「絵画」はどこまでも器の名称であり、それ自体では意味をなさず、
踏込むことでこそ多くの発見に行き会うだろうということに尽きた。
これを望んだ動機はあった。その頃はまだ大学で教職にあって毎週
ゼミの学生たちと課題を共にしてドローイングを描き続けていた。
宿題を自分にも課したわけだが実に楽しかった。ゼミ生の顔を思い
浮かべながら具体的な相手へ焦点を絞って描き始めると想いの底が
尽きない。ついつい枚数が増えて睡眠時間を失うこともしばしばだ
った。予想もしなかった世界が次々と引き出されるこの作業に、
「約束の絵画」という言葉が重なったとき、この曖昧さを海にして
こそ冒険と発見の面白さは膨らむのだろうと思った。
あれから10年、今はこの約束の意味も新たな領域へと拡がりつつ
あるような思いにかられている。つまり具体的な相手もさることな
がら、ひょっとしたら、わたしは「絵画」そのものへの約束を果た
そうとして来たのではないかという不思議な感覚だが、ともあれ
これも描くことでしか見えて来ない楽しみな世界ではあるだろう。


思わぬ作品が・・・.pdf
posted by saigallery at 19:48| 展覧会