2016年05月21日

GALLERY ARTISTS NEWS



◎ 藤本由紀夫

オープン・スペース 2016 メディア・コンシャス

会期  : 2016年5月28日(土)−2017年3月12日(日)
開館時間: 午前11 時− 午後6時
休館日 : 月曜日(月曜が祝日の場合翌日),
      年末年始(12/29–1/4),保守点検日(8/7,2/12)
入場無料
会場  : NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
      〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
      フリーダイヤル 0120-144199

出品者  :  赤松音呂・岩井俊雄・エキソニモ・クリスタ・ソムラー&ロラン・ミニョノー・谷口暁彦・津田道子・グレゴリー・バーサミアン・藤井直敬+GRINDER-MAN+evala・藤本由紀夫・堀尾寛太


☞  http://www.ntticc.or.jp/ja/



◎ 大洲大作

Higt - Light Scene
  大洲 大作・竹中 美幸・中島 麦展


  5月4日(水・祝)〜 5月22日(日)
 月曜日休廊 / 午前11時 〜 午後7時 *金曜日は午後8時まで
  最終日は午後6時まで
  企画 : 平田剛志 ( 京都国立近代美術館研究補佐員 / 美術批評 )

 Gallery PARC
 京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48 三条ありもとビル
 Tel・Fax:075-231-0706

☞ High - Light Talk
  5月22日(日)午後 4 時 〜
  大洲 大作・竹中 美幸・中島 麦展 平田剛志


本展「High-Light Scene」は「ハイライト」をテーマに、3人のアーティスト(大洲 大作 / 竹中 美幸 / 中島 麦 / 企画:平田 剛志)の作品を通じて光と風景について考察する展覧会です。 「ハイライトシーン」とは、映像や放送番組で最も重要な、または感動的な部分や場面を指す言葉として使われています。映画やドラマ、演劇やコンサートからスポーツまで、ハイライ トシーンには一瞬間の見どころが凝縮されています。私たちはこれら「ハイライトシーン」を見ることで、本編をすべて見なくても映像の抜粋、部分、断片を通じて、物語や試合などの内容や結果を理解することができるのです。
 「ハイライト」とは、もともとは光のあたった最も明るい部分を白や黄色の絵具などで浮き立たせる技法を意味する絵画用語です。そう、「ハイライトシーン」とは映像よりもすでに絵画や写真などのメディアにおいて表わされていたと言えるでしょう。そこで本展では、大洲大作、竹中美幸、中島麦の3人の作品に見られる「ハイライト」に着目します。
 3人の作品は、絵具という物質によって造形化された「光」であり、写真やフィルムに刻印された「光」です。しかし、そこに現われる「光」は、表象・記録された「光」でありながら、断片的、部分的、抽象的な形象へと還元された光でもあり、絵具や紙、フィルムや印画紙の光沢 など、メディウムがもつ「光」と溶け合ってもいます。どうやら「ハイライト」には、フォルムとアンフォルム、再現性と物質性という二面性があるようです。本展では、このようなハイライト が有する二面性を3人の作家の作品により「ハイライト」シーンを編集・構成する空間となるでしょう。 (平田剛志/企画)


http://www.galleryparc.com




◎ イチハラヒロコ

  2016年5月 神戸学校
  日 時:2016年5月28日 13:30 - 16:00(開場13:00)
  ゲスト:イチハラヒロコ
  テーマ:「愛と笑いの日々。」
  場 所:神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地 神戸朝日ビルディング)
  参加費:1,200円 [学生 1,000円]※中学生以下の方は無料   / 要申込

神戸学校5月のゲストは、現代美術アーティストのイチハラヒロコさんです。個展「この人ゴミを押し分けて、はやく来やがれ、王子さま。」(1991年)以来、文字だけでインパクトのある芸術作品を制作し、国内外でご活躍をされています。
文字だけで、しかも共通したフォントによる表現という制約のもと、作品から浮かび上がってくる人の生きざまの数々。イチハラさんの手にかかると、修羅場の予兆も、情けない境遇も、調子に乗っている感じですら、思わずにんまりとしてしまいます。また、イチハラさんの作品は全国のいくつかの神社で「恋みくじ」になっています。「出会うときは出会う。」「速度落とせ。」「すきなら好きと言えよ。」など、ひいた人には不思議とよく当たると評判なこのおみくじには、人とことばとの不思議なめぐり合わせとともに、ことばが持つ本来のパワーを感じさせます。他にも、美術館のファサードに吊り下げられた「現代美術も楽勝よ。」という巨大文字など、ことばと場の融合によって衝撃を生むイチハラさんのこのような実験的作品は私たちを魅了してやみません。イチハラさんのこのようなユニークな作品はどのように生まれるのでしょうか。
神戸学校では文字にパワーを吹き込み、個々の体験やことばをアートに昇華させるイチハラさんの創作の素顔に迫ります。当日は会場で「イチハラヒロコ恋みくじ」をみなさんにひいていただくことができます。どうぞお楽しみに。


← http://www.kobegakkou-blog.com/blog/nextguest.html


posted by saigallery at 18:33| 展覧会

2016年04月30日

お知らせ


◎ お知らせ
サイギャラリーは、昨年末にお知らせしました通り、
Ns Art Projectと空間を共有致します。
本年は、5・6月及び 10・11月に、 Ns Art Project
ディレクター永草次郎氏の企画により展覧会が開催
されます。5・6月は、下記展覧会が開催されます。
ご高覧の程ぜひよろしくお願い申し上げます。

尚、5・ 6月の 事務所在廊日は、月曜・木曜の午後に
予定しています。
それ以外の日での ご連絡は、メールまたは 電話にて
お問い合わせ頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

| Tel. : 06-6225-4115   Mail : saiart@lime.ocn.ne.jp |

            記

     ー Ns Art Project 企画 ー

     → http://nsart.xyz

     ▷ 2016年5月7日(土)ー28日 (土)
       谷井隆太 個展
      「☐に捧げるオマージュ」

     ▷ 2016年6月4日(土)ー25日 (土)
       野原健司 展
      「ヨロズヨロズレ」


       火〜金 : 午後3時ー午後7時
       土   : 正午ー午後7時
       月曜・日曜・祝日休廊
       ☞ オープニングパーティ : 初日午後5〜7時
posted by saigallery at 14:06 | TrackBack(0) | 展覧会

2016年04月20日

常設展のお知らせ


| 常 設 |
大森裕美子 / 垣内玲 / 柳恵里 / 藤本由紀夫 / 森本絵利

4月19日 (火)〜4月30日(土)
午後1時〜7時
月曜・日曜・祝日休廊 / 土曜日午後5時まで


今年制作された作品を中心にドローイング・立体・写真を
展示しています。ぜひご高覧下さいませ。
posted by saigallery at 16:45| 展覧会

GALLERY ARTISTS NEWS


◎ 柏原えつとむ

柏原えつとむ展
  「たましひが耳をすますと」

  
  4月12日(火)ー 23日 (土) 
  正午ー午後7時 / 最終日午後6時まで
  ギャラリー16

http://www.art16.net


◎ 大洲大作

大洲大作 展 『Afterglow』

  3月23日(水 )ー 4月30日(土)/ 日曜休廊
  月・火 : アポイント制   水 : 16:00-22:00
  木・金 : 13:00-19:00  土 : 11:00-19:00

  POETIC SCAPE
  東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
  Tel. 03-6479-6927

http://www.poetic-scape.com


◎ 芳木麻里絵

QUESTION OF THE FUTURE
  京都精華大学卒業生ファイル2016
  ー 未来の問い

  
  4月18日(月)ー 5月1日 (日) 
  午前11時ー午後6時 / 24日 (日)は休館
  京都精華大学ギャラリーフロール

  出品者 : 安野谷昌穂・石山哲央・岡山優太・賀門利誓・佐伯洋江・榊原太朗・
      迫鉄平・ドーリー・堀川すなお・三重野龍・芳木麻里絵

https://www.kyoto-seika.ac.jp/fleur/exhibition/index.php
posted by saigallery at 16:09| 展覧会

2016年03月09日

ART in PARK HOTEL T0KYO 2016 に参加します。


サイギャラリーの展示は、2702 号室です。
ぜひご来場賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。


┃作家名┃ ☞ 大森裕美子・柳恵里・藤本由紀夫・森本絵利
       
        
┃日 時┃ 2016年3月11日(金) 〜 13日(日)    
      プレビュー (プレス・招待客のみ)  
             / 11日(金) 正午 〜 午後 7 時
       VIP Hour / 12日(土) 午前10時30分 〜 正午
      一般公開   / 12日(土)・13日(日) 正午 〜 午後7時
                  
┃会 場┃ パークホテル東京 
      東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー フロント25階 にて受付
      TEL. 03-6252-1111(代)
 
┃入場料┃ 1,500 円 / 1 Day pass


 → http://www.aipht.artosaka.jp/
     
posted by saigallery at 01:22| 展覧会

2016年03月01日

GALLERY ARTISTS NEWS


◎ 垣内玲

第2回PATinKyoto京都版画トリエンナーレ2016
京都市美術館
2016年3月6日(日)ー4月1日(土)
午前9時ー午後5時 / 入場は午後4時30分まで
月曜日休館 / 但し3月21日は開館
入場料 : 一般 700円 学生 500円 他

▷ 出品作家:
池田俊彦・井上康子・上野友幸・大坂秩加・小野耕石・垣内玲・加納俊輔・北野裕之・金光男・小出麻代・鈴木智惠・高橋耕平・中田有華・林勇気・冨谷悦子・増田将大・門真英美・山下拓也・山田純嗣・吉田ゆう


http://patinkyoto.com/welcome-2016-2/?lang=ja



◎ 倉智久美子

倉智久美子 展
 2016年2月18日(木)ー4月10日(日) 2/25(木) 開廊
 金・土・日・祝 / 午後1時ー7時
 佐賀町アーカイブ
 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14
  3331 Arts Chiyoda B110

 → http://www.sagacho.jp

KLASSENTREFFEN ー グループ展 ー
 2016年1月16日(土)ー3月6日(日)

 → Einladung Ehrenausstellung KLASSENTREFFEN.pdf



◎ 藤本由紀夫

藤本由紀夫 展 Broom ( Coal ) / Tokyo
  2016年2月6日(土−3月6日(日)
  土曜・日曜 正午ー午後6時 開廊
  オープニングパーティ : 初日午後4時〜
  シューゴアーツ ウィークエンドギャラリー

トーク :「入り口・通過・出口ー村上三郎紙破りの話」
  2月6日(土)午後3時 
  CAPSULE / ShugoArts隣 

→  http://shugoarts.com


美術と音楽の一日「rooms」
  芦屋市立美術博物館
  2016年3月5日(土)
  午後1時ー7時
  一般 : 1200円 (予約1000円)/ 中学生以下無料 ▷ 要予約
  ー参加アーティストー
    haruka nakamura(コンサート)・西森千明(コンサート)
    林 勇気+米子匡司(ライブパフォーマンス)
    原 摩利彦(サウンドインスタレーション)
    藤本由紀夫(公開制作)・Polar M(コンサート)
    村上三郎(紙破りの記録映像)・小杉武久(作品/当館所蔵)

→   http://ashiya-museum.jp/event-program_new



◎芳木麻里絵

VOCA 展 2016 現代美術の展望ー新しい平面の作家たち
  上野の森美術館  
  3月12日(土)ー 30日 (水) 
  午前10時ー午後6時 / 入館は5時30分まで
  一般・大学生 : 500円 / 高校生以下無料

→   http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/voca/2016/
posted by saigallery at 17:54| 展覧会

2016年01月31日

お知らせ


開催中の冬木遼太郎展を
  2月12日(金)まで延長致します。

  但し、10日(水)は休廊 / 11日(祝)は開廊 (作家在廊予定)


 ☞ 展覧会風景
_C6A3275.jpg
「Stop the time (with you) 」  2016  アクリルミラー  サイズ可変

_C6A3300.jpg
「Courbet (watching)」 2015  鏡・アクリルミラー・インクジェットプリント  サイズ可変

_C6A3290.jpg
左 :「Rats (ice)」 2015  紙・インクジェットプリント  407 x 493 mm ( ed.7)
右 :「Reunion」  2016  木・ビニール紐  2320h mm

_C6A3302.jpg
「S T T」 2016  パネル・アクリル  500 x 375 mm 
posted by saigallery at 19:54| 展覧会

2016年01月28日

お知らせ


 ◎ January Party
   1月30日(土) 午後5時よりパーティ
   The Third Gallery Aya, Yoshimi Arts, Calo,
    Kouichi Fine Artsと一斉にパーティを開催致します。
   寒さを吹っ飛ばし、ぜひお運び下さいませ ! !

 ☞ 冬木遼太郎展 開催中 〜 2月6日 (土)まで
posted by saigallery at 16:57| 展覧会

GALLERY ARTISTS NEWS


◎ 倉智久美子

倉智久美子 展
 2016年2月18日(木)ー4月10日(日) 2/25(木) 開廊
 金・土・日・祝 / 午後1時ー7時
 佐賀町アーカイブ
 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14
  3331 Arts Chiyoda B110

 → http://www.sagacho.jp

KLASSENTREFFEN ー グループ展 ー
 2016年1月16日(土)ー3月6日(日)

 → Einladung Ehrenausstellung KLASSENTREFFEN.pdf



◎ 藤本由紀夫

藤本由紀夫 展 Broom ( Coal ) / Tokyo
  2016年2月6日(土−3月6日(日)
  土曜・日曜 正午ー午後6時 開廊
  オープニングパーティ : 初日午後4時〜
  シューゴアーツ ウィークエンドギャラリー

トーク :「入り口・通過・出口ー村上三郎紙破りの話」
  2月6日(土)午後3時 
  CAPSULE / ShugoArts隣 

→  http://shugoarts.com


美術と音楽の一日「rooms」
  芦屋市立美術博物館
  2016年3月5日(土)
  午後1時ー7時
  一般 : 1200円 (予約1000円)/ 中学生以下無料 ▷ 要予約
  ー参加アーティストー
    haruka nakamura(コンサート)・西森千明(コンサート)
    林 勇気+米子匡司(ライブパフォーマンス)
    原 摩利彦(サウンドインスタレーション)
    藤本由紀夫(公開制作)・Polar M(コンサート)
    村上三郎(紙破りの記録映像)・小杉武久(作品/当館所蔵)

→   http://ashiya-museum.jp/event-program_new



◎ 森本絵利

ワークショップ : 曖昧な境界(線)に触れる ーゴマをするー
  2月28日(日)午後1時〜4時30分 
  芦屋市立美術博物館 / 体験学習室
  参加費 : 200 円 / 定員 : 20名 / 持ち物 : すり鉢・すりこぎ
  2 /21(日)までにTEL or MAILにて申し込み

→   http://ashiya-museum.jp/outline



◎芳木麻里絵

VOCA 展 2016 現代美術の展望ー新しい平面の作家たち
  上野の森美術館  
  3月12日(土)ー 30日 (水) 
  午前10時ー午後6時 / 入館は5時30分まで
  一般・大学生 : 500円 / 高校生以下無料

→   http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/voca/2016/
posted by saigallery at 16:30| 展覧会

2016年01月05日

展覧会のお知らせ


冬木遼太郎 展

2016年1月19日(火)ー2月6日(土)
正午ー午後7時
月曜・日曜・祝日休廊 / 土曜日午後5時迄


1月30日(土) 午後5時よりパーティ
[ January Party ]
The Third Gallery Aya, Yoshimi Arts, Calo, Kouichi Fine Artsと一斉にパーティ!! 


STT_20151208-1.jpg

◎ 作家コメント
 例えば、絶えず流れているこの時間がこの世界を秩序づけているものであるということを、私たちは知っています。ただ普段は、その事実を意識することなく過ごしています。なぜならその声は小さく、私たちにとってもっと身近な慣れ親しんだ声が覆いかぶさるため、その存在を意識することはありません。そのような日常においては意識化されることのない秩序が強く現れている状況をつくることが、私にとっての制作です。
「現実を見やすくする」という点では、作品は言葉と同じ機能を持っていると私は考えています。ただし、作品によっての認識は相変わらず視覚に依存しているため、言葉ほどの明快さはありません。
私は”STOP THE TIME”というフレーズをしばしば作品の一部に用いています。その言葉の、本気と冗談が入り交じったところに魅力を感じています。そこには絶対にかなわない切実な欲望と空疎な冗談を言うときのような諦めに似た感情の両方が一緒にあります。そういったひとつの方向に集約できない発話も、芸術という領域の中であるからこそ可能なことであると私は考えています。その言葉が作品の一部として用いられることで、素材や形体、置かれた状況等と結びつき、現実に干渉しながら更に変容していきます。言葉をも含めた全てを現実として見て捉えること、作品が現実のどういった要素と結びついているかを繰り返し検証することを志向しています。
posted by saigallery at 22:01| 展覧会