2014年01月12日

高柳恵里トークイベントのお知らせ

間近のご案内ですが、明日下記の通り、東京都現代美術館で
展覧会中の高柳恵里のトークショーが開催されます。

           記
☞ トークイベント                         
 「つくる、つかう、つかまえる ー いくつかの彫刻から」            2014年1月13日(月・祝)15時〜16時
  対談|柳恵里×蔵屋美香(東京国立近代美術館美術課長)

☞ 展覧会
  MOTコレクション
  2013年10月3日(木)― 2014年1月19日(日)
  東京都現代美術館 常設展示室 1階、3階
   第1部 私たちの90年 1923-2013
   鹿子木孟郎、吉田博、河原温、尾藤豊、大宮昇、岡本信治郎、草間彌生、     栗田宏一、ロイ・リキテンスタイン、ほか
   第2部 つくる、つかう、つかまえる −いくつかの彫刻から
   柳恵里、冨井大裕、金氏徹平、野村仁、榎倉康二、カール・アンドレ、      ジルベルト・ゾリオ、ギル バート・アンド・ジョージ  ほか

  http://www.mot-art-museum.jp
posted by saigallery at 23:33| 展覧会

2014年01月01日

明けましておめでとうございます。

旧年中は何かとお世話になりまして
本当にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成26年 元旦
posted by saigallery at 18:13| 展覧会

2013年12月25日

展覧会のお知らせ

林 延子 展 ー Strategy of Empathy ー

2014年1 月7日(火)ー25日(土)
正午ー午後7時
日曜・月曜日休廊/土曜日5時まで
→  初日 午後 5 時よりオープニングパーティ

posted by saigallery at 19:16| 展覧会

2013年11月09日

展覧会

PANORAMIC WINDOW −光のシークエンス− 
大洲 大作 展

2013年 11月 5 日(火)−23 日(土)
正午ー午後7時
月曜・日曜日休廊/ 土曜日5時まで


02_20131109-_B091354_S.jpg

05_20131109-_B091380_S.jpg
「 PANORAMIC WINDOW - 北上線 」ed.1/5 2012 Inkjet Print 4533 x 420

04_20131109-_B091382_S.jpg
「 PANORAMIC WINDOW - 山田線 」ed.1/5 2012 Inkjet Print 4533 x 420

06_20131109-_B091404_S.jpg
「 光のシークエンス - 田園都市線 」ed.1/15 2013 Lambda Print 334 x 444
「 光のシークエンス - 石勝線 」ed.1/15 2009 Lambda Print 334 x 444



◎ プロフィール

1973   大阪生まれ
1994-95 大阪国際写真センター(現、IMI 写真表現大学)にて写真を学ぶ
1997   龍谷大学文学部 哲学科卒業

個展
2013   「 光のシークエンス 」  ENTRE DEUX / 東京
2012   「 INVISIBLESCAPES 」  galerie son /ベルリン
2010   「 光のシークエンス 」  大阪成蹊大学 space B / 京都
2008   「 Illusions of the Sea 」  galerie magenta / ベルリン
1999   「 NO MAN'S LAND 」   The Third Gallery Aya /大阪
1996   「 浸透圧 」  The Third Gallery Aya /大阪

グループ展
2012-13 東京駅復原工事完成記念展「始発電車を待ちながら 」  
     東京ステーションギャラリー/東京
2011    東日本大震災復興支援チャリティ写真展 「FOR YOUR SMILE 311」  
     中之島デザインミュージアム/ 大阪
2009   「 Spiral Independent Creators Festival 」  スパイラル/東京
2007   「 Junge Kunst 」  galerie son/ベルリン




posted by saigallery at 15:29| 展覧会

GALLERY ARTISTS NEWS


林延子

  Meetingpoint
 Nobuko Hayashi + Anne Orbaczewska

 2013年11月15日(金)― 12月8日(日)
  Gallery Herold/ ドイツ・ブレーメン

 Meetingpoint_invitation.jpg


◎ 藤本由紀夫

  藤本由紀夫
  「無可有郷−ユートピア: うつくしいかたち」
          + 
  建築家−遠藤秀平・手塚貴晴+手塚由比・中村勇大
  「フォリーのある風景」

  2013年7月6日(土) 〜12月1日(日)
  8:30-16:30(入館は閉館の30分前まで)
  会期中無休 一般:1000円
  公益財団法人 四国民家博物館 四国村

   『藤本由紀夫とともに巡る四国村ツアー』
   11月16日(土) 14:00-16:00
   11月17日(日) 14:00-16:00
   定員20名(当日13時より当館入口にて申込受付)

  → http://www.shikokumura.or.jp
posted by saigallery at 14:55| 展覧会

2013年10月23日

展覧会のお知らせ


PANORAMIC WINDOW −光のシークエンス− 
大洲 大作 展

2013年 11月 5 日(火)−23 日(土)
正午ー午後7時
月曜・日曜日休廊/ 土曜日5時まで
☞ 11月5日(火) 午後6時よりパーティ


SAI_OOZU_P1.jpg

→「 Study for PANORAMIC WINDOW - 山陰本線 」 2013年 コピーライトマークDaisaku OOZU
posted by saigallery at 00:22| 展覧会

GALLERY ARTIST NEWS


高柳恵里

 2013年10月3日(木)― 2014年1月19日(日)
 東京都現代美術館 常設展示室 1階、3階
 
 MOTコレクション
 第1部 私たちの90年 1923-2013
 鹿子木孟郎、吉田博、河原温、尾藤豊、大宮昇、岡本信治郎、草間彌生、    栗田宏一、ロイ・リキテンスタイン、ほか
 第2部 つくる、つかう、つかまえる −いくつかの彫刻から
 柳恵里、冨井大裕、金氏徹平、野村仁、榎倉康二、カール・アンドレ、    ジルベルト・ゾリオ、ギルバート・アンド・ジョージほか

 http://www.mot-art-museum.jp

posted by saigallery at 00:00| 展覧会

2013年09月10日

GALLERY ARTISTS NEWS


◎ 浅野孝之

 「 Safety Place 」
   2013年9月14日(土)−10月12日(土)
   午前11時−午後7時
   日曜・月曜・祝日休廊
   レセプション : 初日午後6時ー8時
   TALION/GALLERY
   浅野孝之・末永史奈尚・槙原泰介

   http://www.taliongallery.com


◎ 藤本由紀夫

「藤本由紀夫展- REVOLUTION & GRAVITY」
   2013年9月7日(土)-10月12日(土)
   正午-午後6時30分
   日曜・月曜・祝日 休廊  
   opening party: 9月7日(土) 午後6時〜
   GALLERY CAPTION
   → 藤本由紀夫 アーティスト・トーク
     9月21日(土)|午後4時〜6時|申込不要

  http://www.gallerycaption.com


「thinking about gravity vol.2 」
  2013年8月17日(土 〜 9月29日(日)
  午前10時-午後7時
  CAP STUDIO Y3
   → 9月15日(日)藤本ゼミ『revolution & gravity』
     午後2時〜6時/講師:藤本由紀夫/参加無料・予約不要

  http://www.cap-kobe.com



◎ 垣内玲

  ☞ Galata Fotoğrafhanesi Fotoğraf Akademisi
    Dutch Art Institute Istanbul
    12 ~ 15 September 2013
    Istanbul, Turkey
    http://dutchartinstitute.eu/page/4391

  ☞ The Van Abbemuseum
    22 June 2013 ~ 15 September 2013
    Eindhoven, The Netherlands

  ……………………………..……………………………..   
    http://reikakiuchi.com/news.htm
posted by saigallery at 23:53| 展覧会

2013年08月01日

Kalle Lampela −Collected papers−


ART OSAKA 2013出展のため2週間休廊していましたが、
引き続き、カッレ ランペラ展を開催しています。
猛暑が続く中ですが、どうぞご高覧の程よろしくお願い
申し上げます。


Kalle Lampela 
−Collected papers−
7月30日(火)−8月10日(土) 
正午−午後7時/土曜日5時迄
月曜・日曜日休廊

_MG_1413.jpg

_MG_1437.jpg

_MG_1447.jpg


◎ プロフィール

KALLE LAMPELA / カッレ ランペラ

1973年生まれ フィンランド、ロヴァニエミ在住

2007 – 2012  ラップランド大学, 美術学部 博士課程
2007 – 2010  ラップランド大学, 社会科学部 学士過程修了
1995 – 2000  ラップランド大学 美術教育学部 修士課程修了

▢ 主な個展
2012  ギャラリーナパ (ロヴァニエミ/フィンランド)
2010  ギャラリーTitanik (トゥルク/フィンランド)
2008  サイギャラリー  (大阪)
    ギャラリー Katve  (ロバニエミ/フィンランド)
2007  Bar 9  (ヘルシンキ/フィンランド)
    アートセンターMältinranta (タンペレ/フィンランド)
2006  サイギャラリー (大阪)
     フィンランド−ノルウェー文化会館 (オスロー/ノルウェー)
     フィンランド会館 (ベルリン/ドイツ)
    Kluuviギャラリー (ヘルシンキ/フィンランド)
2005   Schwedenstrasse 16  (ベルリン/ドイツ)
    フィンランド協会ギャラリー (ストックホルム/スウェーデン)
2004  tm-フィンランド画家協会-ギャラリー (ヘルシンキ/フィンランド)
2003   ロヴァニエミ美術館 (ロヴァニエミ/フィンランド)

▢ 主なグループ展
2012 「北フィンランドビエンナーレ」 Oulu 美術館、(オウル/フィンランド)
    「I live on the Arctic Circle」 ラップランド芸術家協会展覧会(タリン/エ    ストニア、リーカ/ラトビア)
    「ヘルシンキ写真ビエンナーレ 」 (ヘルシンキ/ フィンランド)
2012  「I live on the Arctic Circle」 ラップランド芸術家協会展覧会(タリン/エ    ストニア、リーカ/ラトビア)
    「ヘルシンキ写真ビエンナーレ」 (ヘルシンキ/ フィンランド)
2011–2012 「The Magic of Lapland」 アテネウム国立美術館(ヘルシンキ/フィ    ンランド)、ロヴァニエミ美術館(ロヴァニエミ/フィンランド)
2011  「ラップランド地方展覧会」 ケミ美術館(ケミ/フィンランド)
2010  「Arctic Heat」 ギャラリー Elm75 (ベルリン/ ドイツ)
2010  「ART OSAKA」 (大阪)    
2009   ギャラリー Korjaamo(ヘルシンキ/ フィンランド)
    「PAN-BARENTZ」 (オスロー, トロムソ/ノルウェー, ムルマンスク/ロ    シア, ロバニエミ/フィンランド)
2008  「ART OSAKA」 (大阪)
    「Riita」フィンランド労働博物館 Werstas(タンペレ/フィンランド)
    「Memories of the North」 S12 ギャラリー(ベルゲン/ノルウェー)
    「マンッタ XIII 芸術祭」 (マンッタ/フィンランド)
     「ラップランド芸術家協会展」 Gallery Jetty Barracks(ヘルシンキ/フィ    ンランド)
    「Nordic Artists Rethinking Souvenirs」 北ノルウェーアーティストセン     ター (スヴォルヴェー/ノルウェー)
2007 「コンテンポラリー・サンタクロース・アーティスト・アソシエイション     展」 芸術文化学研究者会議 X, ラップランド大学ギャラリーVALO
    及びラップランド大学校庭,(Rovaniemi/フィンランド)
    「イェンニ アンド アンッティ ビフリ財団コレクション フィンランド現代美    術展」 ユヴァスキュラ美術館(ユヴァスキュラ/フィンランド)
    「コラージュ」 Oulu 美術館(オウル/フィンランド)
2006 「コンテンポラリー・サンタクロース・アーティスト・アソシエイション展」    Aine 美術館(トルニオ/フィンランド)
    「ラップランド芸術家協会展」 ロヴァニエミ美術館(ロヴァニエミ/フィ    ンランド)
2005 「ラップランド芸術家協会展,」 コンステンスフース(ルーレオ/スウェーデ    ン)「コンテンポラリー・サンタクロース・アーティスト・
    「アソシエイション展」 ギャラリーJangva(ヘルシンキ/フィンランド)
    「マンッタ X 芸術祭」 (マンッタ/フィンランド)
2005  「北の風景」 イェンニ アンド アンッティ ビフリ財団コレクション 
    「フィンランド現代美術展」 フォラルバーガー ランズ美術館(ブレゲンツ    /オーストリア)、 
    オランギエル(アイセンシュタット/オーストリア)、 スカンジナヴィア    ン大使館(ベルリン/ドイツ)
2004 「コンテンポラリー・サンタクロース・アーティスト・アソシエイション     展」 ギャラリーTitanik(トゥルク/フィンランド)
     「Rajaton」 アートセンターAhjo 
    「ナショナルヤングアーティスト展」 (ヨーエンスー/フィンランド)
    「北の風景」 イェンニ アンド アンッティ ビフリ財団コレクション 
    「フィンランド現代美術展」 インドゥストリーパーク ワルスローデ(ボム    リッツ/ドイツ)
2003   「Ars Arctica」 ロヴァニエミ美術館(ロヴァニエミ/フィンランド)



▢ 作品収蔵
    キアスマ国立現代美術館コレクション(ヘルシンキ/フィンランド)
     ロヴァニエミ市(フィンランド)
    イェンニ アンド アンッティ ビフリ財団コレクション(フィンランド)
    アイネ美術館コレクション(トルニオ/フィンランド)
    タンペレ市(フィンランド)  その他、プライベートコレクション

▢ パブリックワーク
    ラップランド大学校庭内 (コンテンポラリー サンタクロース アーティス    ト アソシエイション)
    (ロバニエミ/フィンランド)

posted by saigallery at 17:46| 展覧会

2013年07月13日

ART OSAKA 2013に参加致します。

logo_2013_yoko_banner2s.jpg

→ http://www.artosaka.jp/

サイギャラリーの展示は、6309 及び 6321 号室です。
夏まっ盛りの時期てすが、ぜひご来場下さいますよう、
ご案内申し上げます。

┃作家名┃ ☞ 6309号室
      浅野孝之、石川亮、大森裕美子、カッレ ランペラ、
      倉智久美子、高柳恵里、藤本由紀夫、芳木麻里絵

      ☞ 6321号室
      森本絵利

┃日 時┃ 2013年7月19日(金) 〜 21日(日)    
      プレビュー (プレス・招待客のみ)  
           / 19日(金) 午後 2 時 〜 午後8時 
      一般公開 / 20日(土) 午前11時 〜 午後6時
            ☞ ナイトビューイング 午後7時 〜 9時
            21日(日) 午前11時 〜 午後7時
       
┃会 場┃ ホテルグランヴィア大阪 
      大阪市北区梅田3-1-1 8 26階
       TEL. 06-6344-1235
 
┃入場料┃ 1,500 円 / 1 Day pass
     
posted by saigallery at 13:44| 展覧会

2013年07月12日

Gallery Artist News

◎ 芳木麻里絵

Art Court Frotier 2013 #11
2013年7月5日(金)−8月3日(土)
午前11時−午後7時
日曜・月曜休廊 /土曜・7/25(木)は午後5時迄

内田洋平・榎真弓・笠間弥路・コタケマン・澤崎賢一
下道基行・杉山卓朗・前谷康太郎・山下雅己・芳木麻里絵

☞ ギャラリートーク
  7月13日(土)午後2時〜4時
  500円(ドリンク付き)/要予約
  内田洋平×アサダワタル・コタケマン×寺浦薫・杉山卓朗×後藤哲也
  杉山卓朗×後藤哲也・山下雅己×出原均・芳木麻里絵×神谷千晶

http://www.artcourtgallery.com/acg_news.html
  
posted by saigallery at 19:46| 展覧会

2013年06月14日

展覧会のお知らせ

Kalle Lampela
−Collected papers−

7月9日(火)−13日(土) 及び
7月30日(火)−8月10日(土) 
正午−午後7時/土曜日5時迄
月曜・日曜日休廊
☞ 7月9日(火)午後6時よりオープニングパーティ

Erika4.jpg
「Erika W」 2013
 紙にプリペアドタイプライターによるタイピング 195×269mm
posted by saigallery at 17:57| 展覧会

Gallery Artist News

◎ 芳木麻里絵


[とうかい~こうじゅつそのよん]
2013年6月6日(木)-16日(日)
午前11時-午後8時 会期中無休
スパイラルガーデン
企画/池内務 (株式会社レントゲンヴェルケ)


田中真吾 馬場佳那子 芳木麻里絵
2013年6月25日(火)-29日(土)
正午-午後7時
7-23ギャラリー|京都精華大学7号館
http://www.kyoto-seika.ac.jp
posted by saigallery at 17:46| 展覧会

2013年05月28日

Gallery Artists News


◎ 高柳恵里

  Art in TIME & STYLE MIDTOWN Vol.11
「 高柳恵里 不意打ち 」
 2013年3月4日(月)-5月31日(金)
 T&Sギャラリー
 http://www.timeandstyle.com/plus/news/news_contents/20130308news.html

「 ET IN ARCADIA EGO 墓は語るか ─彫刻と呼ばれる、隠された場所 」
 戸谷成雄、遠藤利克、黒川弘毅、伊藤 誠、岡ア乾二郎、三沢厚彦、柳恵里
 2013年5月20日(月)ー8月10日(土)
 武蔵野美術大学美術館 展示室1、2、アトリウム
 http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/6487




◎ 倉智久美子

「 Austragungsort : U 1998-2012 」
 2013年5月5日(日)-7月7日(日)
 15周年記念展 -Verein für Aktuelle Kunst/Ruhrgebiet e.V. 
 オーバーハウゼン/ドイツ
 <窓のインスタレーションを設置>
 http://www.vfak-ruhrgebiet.de/

posted by saigallery at 18:14| 展覧会

2013年05月10日

展覧会のお知らせ

浅野孝之 展
receptacle

2013年5月14日(火)ー6月1日(土)
正午ー午後7時
月曜・日曜日休廊/ 土曜日5時まで
☞ 5月18日(土) 午後5時よりパーティ

_MG_1253.jpg

_MG_1260.jpg

_MG_1284.jpg



◎ プロフィール
 
 1985  岐阜県生まれ
 2010  京都造形芸術大学大学院芸術研究学科芸術表現専攻 修了
∣個展∣
 2010  「既製品の観察」 GALLERY301/神戸
      「4つと犬」 workroom*A/大阪
 2012  「紙」 CAP STUDIO Y3/神戸
∣グループ展∣
 2009  「home away 京都の新しい解釈」 祇をん小西/京都
 2010  「Derivation」 GALLERY門馬/北海道
      「六甲ミーツ•アート2010」 六甲山//神戸
      「GALLERY301 1st Anniversary GROUP EXHIBITION 2010」
                      GALLERY301/神戸
 2011  「Art Court Frontier 2011 #9」 ARTCOURT Galler/大阪
 2012  「ドローイングと…。」 SAI GALLERY/大阪 


◎ 作家コメント

一度経験したことは簡単に消すことができない。
私の場合は陶芸を学んだことだろう。
素材を限定することに疑問を感じ陶芸をやめたつもりでいたが、
作品は陶芸的なニュアンスを秘めているものが多い。表現を縛られているよう
で怖く感じる反面、そのやめられない何かが重要なのかもしれない。

本展では、receptacle=容器をモチーフに蚊取り線香で造られた『消滅する壷』
それぞれの器がそれしか嵌まらないような構造になっている『器のための器』
世界の湖をトレースした『名前のある器』を発表する。
posted by saigallery at 14:56| 展覧会

2013年04月04日

カフェトークのご案内

下記の通り、神戸の CAPでトークショーが開催されます。
春爛漫の一日、神戸でお過ごし下さいませ。


倉智久美子 「ドイツと私」
聞き手 |  加藤瑞穂 (大阪大学総合博物館招聘准教授)

日時   |   2013年4月13日(土)/午後6時より
場所   |   CAP カフェ&ショップ
参加   |   1 ドリンクオーダー

予約・問合せ   |   C.A.P. (芸術と計画会議)
神戸市中央区山本通3-19-8 海外移住と文化の交流センター内
phone&fax: 078-222-1003 email: info@cap-kobe.com
URL:http://www.cap-kobe.com/(10:00〜19:00月曜休)


posted by saigallery at 17:40| 展覧会

2013年03月30日

展覧会のお知らせ

倉智久美子 展

2013年4月2日(火)ー20日(土)
正午ー午後7時
月曜・日曜日休廊/ 土曜日5時まで
初日)午後6時よりパーティ


_MG_9585.jpg

_MG_9586.jpg

_MG_9621.jpg

_MG_9637.jpg

◎ プロフィール

1955 大阪市に生まれる
1978 京都市立芸術大学美術学部西洋画科卒業
1995 Art/Omi Artist in Residence New York, USA
1998 Asian Cultural Council 奨学金、3ヶ月アメリカ滞在
1998 The Chinati Foundation Artist in Residence/Marfa, Texas, USA
2000 文化庁派遣芸術家在外研修員 (ドイツ・デュッセルドルフ)
2000-2002 Künstakademie Düsseldorf
( Prof. Christian Megert, Prof. Gerhard Merz, Prof. Dabit Rabinowich)
2000〜 ドイツ在住

主な個展
2013 サイギャラリー/大阪
2011〜12  Auf die Frage, Mies van der Rohe Haus/Berlin
2011 cube 4x4x4/Mannheim
2010 サイギャラリー/大阪
2010 Galerien Tag/Mannheimer Kunstverein(märz-galerie-mannheim)
2009  märz-galerie-mannheim,/Mannheim
2009  Vitrine im Malkasten/Düsseldorf
2008 Verein für aktuelle Kunst/Ruhrgebiet e.V. Oberhausen
2007 サイギャラリー/大阪
2007  Galerie Hoffmann Friedberg/Hessen
2006  Raum für Kunst/Aachen
2005  Kunstraum 22/ Köln
1999  ヒルサイドギャラリー/東京
1998 Locker Plant, The Chinati Foundation/Marfa, Texas, USA
1998 展示の試み Open Studio 208/大阪
1994 佐賀町エキジビットスペース/東京

主なグループ展
2013 Austragungsort ll Verein für aktuelle Kunst/Ruhrgebiet e.V, Oberhausen
2013 wir wieder hier Bo-WKB 2013 Kunstmuseum/Bochum
2012 same, same- but different ( Jubiläumsausstellung 30jährigen Bestehens )
    Gesellschaft Kunst und Gestaltung e.V./Bonn
2011 Freie Sicht Bildungszentrum ThysenKrupp Steel/Duisburg
2010 in situ Gesellschaft Kunst und Gestaltung e.V./Bonn
2010 Landpartie, Westdeutscher Künstlerbund, Stadtmuseum Beckm
2009 Sechs Richtige + 1 Halle Zehn/Köln
2009 Positionen 09 Das See Werk/Moers
2007 24 /7 Arteviesum/Düsseldorf
2003 Große Kunstausstellung Museum Kunstpalast/Düsseldorf ( 2005, 2007, 2011, 2013 )
1998 絵画の方向 大阪府立現代美術センター/大阪
posted by saigallery at 05:04| 展覧会

2013年01月13日

森本 絵利 展

2013年1 月22日(火)−2月9日(土)
正午-午後7時
日曜・月曜日休廊/ 土曜日5時まで

☞ 1月26日(土)午後5時よりパーティ
  [ January Party ]
  The Third Gallery, Yoshimi Arts, Calo,
  Kouichi Fine Artsと一斉にパーティ

contour map  #  mist.jpg
「contour map # mist」 2012年 
  パネルに綿布、アクリル絵具 802×802 (mm)

IMG_8837.jpg
上記作品部分

memo-contour map # mist.jpg
「memo−contour map # mist」 2012年 
  紙、鉛筆 297×420 (mm)



◎ 作家コメント

 近づかなければ見えないもの、近づいてしまうと見えなくなるもの
―――一見つるんとして見える直線の中に、途轍もない複雑が内包されていて、
それが直線ではなかった事に気づかされます。そしてその複雑は、
不規則にも思われる規則性で繰り返されている―――そういうものに興味を
持ちます。

それらを眺めては、分解したり、組み立て直したり、自らが決めたルールに従って
制作しています。その過程と結果において、どうしようもなく生み出される、
揺らぎのような誤差は、その美しい不規則に少し似ているように感じています。


 イメージを描かないように対象に近づく為に、デッサンや自らのやり方で
統計をとったり、制作過程を組み立てながら、ドローイングを重ねます。
 それは例えば不規則に美しい模様を描きながら積ってゆく埃のデッサンであり、
その模様を形成する一つ一つの埃の形を分類して統計を得る事であったりします。
また、ガラスに結露してゆく様子を眺めながら、次第に大きくなってゆく水滴の
質的変化を、瞬間として切り取る事は決して出来ないのだ、と知る事でもあります。

 それらのドローイングを重ね、絵の具をキャンバスにのせてゆく、行為その事自
体を 表現とする為に、キャンバスと共に「メモ」が存在します。
ドローイングに基づいて制作過程を組み立て、それに従って描いてゆきます。
ルールに従い労働を重ねる事は、感覚のみで描く事よりも、むしろ私と対象との
距離を近づけてくれるように感じます。

 キャンバスのどの位置に、いつ、どのような速度で、どの筆を使って、どの大き
さの 絵の具の点を、何個のせているか、、、それら「メモ」に記されている事は、
私が対象に向き合う上で、全て合理的であり、すなわち美しく感じるものです。
 「メモ」はタブローに付随するものではなく、イコールであり、過程=結果、
また結果=過程であります。

 そしてドローイングの統計や、ルールに従い描いてゆく中で、どうしようもなく
現れる誤差は、初めて対象に惹かれて見つめた時に気づかされた、均整のとれた
規則性の所々に存在する不規則に見える美しい揺らぎ、それに少し似ていると感じます。


◎ プロフィール

1978 大阪府生まれ
2001 京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業
2003 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了

個展
2002 「萌芽の時」 ギャラリー16╱京都
2004 「クリテリオム58」 水戸芸術館現代美術センター╱茨城
2005 VOICE GALLERY╱京都
2007 サイギャラリー╱大阪
2010 サイギャラリー╱大阪

グループ展
2001 「京展」 京都市立美術館╱京都
2002 「Vector 12」 海岸通ギャラリー╱大阪
2003 「京都府美術工芸新鋭選抜展」 京都文化博物館╱京都
    「神戸アートアニュアル2003」 神戸アートビレッジセンター╱兵庫
2004 「TAMA VIVANT 2004」 多摩美術大学╱東京・みなとみらい駅╱神奈川
2005 「京都府美術工芸新鋭選抜展」 京都文化博物館╱京都
2006 「ドローイングと┈┈。」 サイギャラリー╱大阪
2007 「ウチナル音〜身体音からの造形〜」 
    ボーダレス・アート・ギャラリーNOMA╱滋賀
2008 「VOCA 展2008 現代美術の展望- 新しい平面の作家たち」
    上野の森美術館╱東京
    「音箱展」 神戸アートビレッジセンター╱兵庫
2009 「drowning room」 神戸アートビレッジセンター╱兵庫
2011 「Art Court Frontier 2011 #9」 アートコートギャラリー╱大阪
   「福山アートウォーク」 福山市╱広島 
2012 「呼吸する美術」 芦屋市立美術博物館╱兵庫

受賞
2001 「京展」 市長賞

posted by saigallery at 01:28| 展覧会

2013年01月03日

明けましておめでとうございます。

旧年中は何かとお世話になりましてありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


                    巳年 お正月
posted by saigallery at 23:51| 展覧会

2012年12月13日

Gallery Artists News


◎ 石川亮

「水のメディア芸術祭 / Aqua Passage ー水の交差点」
 石川亮・今井祝雄・櫻井宏哉・森裕子・森川弘和・Yangjah

 2012年12月6日(木)ー16日(日)
 午前10時ー午後6時
 しが県民芸術創造館展示ホール
 http://www.shiga-bunshin.or.jp/souzoukan/


◎ サムソン・カンバル / 垣内 玲

 『Tattoo City : The First Three Chapters - Samson Kambalu and Guests』
  Lee Appelby, Joseph Beuys, Jochem Hendricks, Sigrid Holmwood, Kevin Hunt,   Rei Kakiuchi,San Keller, Sam Mukumba, David Newbatt, Hardeep Pandhal,    Nicolas Pople and Poppy Whatmore.

  2012年11月30 F|[金]ー2013年1月27日[日]
  Castlefield Gallery
  Manchester, U.K.

  http://www.castlefieldgallery.co.uk/event/samson-kambalu-and-guests-tattoo-   city-the-first-three-chapters/%20


◎ 芳木麻里絵

 「版の時間/ Age of Prints」
  阿部 大介/ 大坂 秩加/ 加納 俊輔/ 上村 洋一/ 岸 雪絵/ 金 光男/ 構想計画  所/ タイダ ヤシャレヴィチ/ 鷹野 健/ 田口 健太/  堂東 由佳/ 水野 正彦/
  芳木 麻里絵/ 吉田 ゆう

  2012年12月1日(土)〜12月16日(日)
  10:00 〜 17:00 (入館は16:30 まで)
  ※火曜日休館/入場料無料
  女子美術大学アートミュージアム
  http://cuapsj.org/hannojikan.html

posted by saigallery at 00:08| 展覧会